幼児の虫歯について

幼児、2歳ぐらいのお子様からの事を言いますが、これらぐらいの年齢の子供でも
虫歯にはなります。

生まれて6ヶ月ごろから歯は生えてきますが、その瞬間から虫歯になる危険が
あるため、気をつけないといけないです。

では幼児の虫歯はどのような事が原因でなり、治療はどのように進めていき
治療期間はどれぐらいなのでしょうか。

幼児の虫歯は炭酸飲料やフルーツジュースだけでなく、粉ミルクや牛乳などの飲料水に
含まれる糖分が毎日のように乳歯に触れる事でなってしまいます。

甘い砂糖が含まれている飲料水だけでなく、粉ミルクや100%のフルーツジュースでも
虫歯になるとなると相当気をつけないといけないですよね。

歯医者によって見解は違いますが、医師によっては母乳でも虫歯になると言っているので
母乳育児の方も要注意です。

さらに幼稚園ぐらいになるとお菓子を食べる機会が増えるのと、タイミングが合わず食べたら
直ぐに歯みがきができないことが多くなるため、虫歯にさらになりやすくなります。

しかも乳歯は永久歯よりも虫歯になりやすいので、甘いものによって歯石が溜まると
そこから直ぐに虫歯になってしまいます。

特に子供が大好きなグミや飴やチョコレート。

危険です。

歯と歯の隙間に入りますし、口の中に入れている時間が長いため歯を攻撃する
酸が作り出しやすい口腔内になってしまうからです。

この酸は元々口の中に入っている細菌に食事から摂った糖分を利用して作り出し、
歯を攻撃します。

これは誰でも糖分を含む食事をすると口腔内で起こっている事で、攻撃をされるだけでは
虫歯にはなりません。

しかし長時間口の中に甘いものを入れているとずっと攻撃を受けることになり、その結果
虫歯が発生します。

つまり耐えられるキャパを超えたときに虫歯になるのです。

幼児の虫歯も大人と同じで酷くなると削る治療をしないといけないですし、酷い場合は
神経を取らないといけなくなります。

麻酔をしての治療と言っても麻酔自体も痛いですし、治療に通わなくてはいけない期間が
長くなるので、嫌がる子供を無理やり歯医者へ毎回連れて行くのは大変ですよね。

幼児でも虫歯になりますし、治療は同じように痛くて大変です。

虫歯を作らないためには日ごろから予防をする事が大事です。

予防はとにかく口の中を清潔に保つ事が重要で、大人がフロスを使って仕上げ磨きを
行ない、バランスのとれた食事を与えましょう。

そして定期的に歯医者へ通い虫歯がないかのチェックと、フッ素を塗ってもらう事を
おススメします!

>>フッ素が不安なら安全成分のブリアン!詳細はこちらから

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ