子供でも歯周病になる!?

大人で歯周病で悩んでいる人は多いですが、子供でもなるのでしょうか。

もし子供でも歯周病になる可能性があり、それを未然に防げるのなら対策を
したいです。

歯周病とは歯の周りの組織の一部や、全体に関わる病変の事を言い、生活習慣によって
起こる疾患になります。

酷くなると歯を失う事があるぐらい怖い病気ですが、子供はどのような症状に
なるのでしょうか。

子供のなる歯周病は大人のものと違い、歯みがきの時に歯ブラシが当たると出血を
する「歯肉炎」と言われるものになります。

この歯肉炎には2種類あって、原因が違うので覚えておいてください。

1、永久歯が生えてくる時にできる「萌出性歯肉炎」

永久歯が生えてくる時の炎症が原因で痛みを伴い、時にはリンパが腫れて発熱や
口が開けられないほど喉を痛む事があります。

大人で言う親知らずが生えてくる時に炎症を起こして腫れるのと症状は似ていますが、
親知らずは抜いて対処するのに対し、子供の場合は抜歯はせずに治療をしていくと言う違いが
あります。

と言うのもこの時に原因となる永久歯は1番奥の歯とその隣の歯で奥歯としてとても
大事な歯だからで、失う事はできないからです。

炎症が酷い時は抗生物質や鎮痛剤を使って治療を進め、腫れが酷い時は切開し膿を
だします。

2、「不潔性歯肉炎」と言って食べカスが原因。

この歯肉炎は歯にく付着している歯石が原因となって起こるもので、歯肉が赤く
腫れあがって出血しやすい状態になります。

歯みがきをきちんとしなかった為に歯石が溜まったことで炎症を起こして、歯茎の腫れの他、
出血や痛みを伴います。

この歯周病は歯の周りに付着している原因の歯石を取ることで治りますが、痛みや
出血が怖くて歯みがきをしっかりできないと治りが遅くなったり、再発してしまうので
注意が必要です。

また口呼吸が癖になっていて常に口の中が乾燥気味のお子様は、口の中に細菌が
溜まりやすく治りにくい傾向があります。

この2つが小さなお子様になりやすい歯周病になります。

萌出性歯肉炎に関しては生えてくる時の炎症ですので防げないですが、
不潔性歯肉炎については歯みがきをしっかりと行う事で防げる歯周病です。

予防として有効なのが歯みがきの他に、フロス。

大人の方でも歯医者に行くと勧められることが多く、歯と歯茎の間に挟まったものをとるのに
非常に有効です。

子供用のものも売られているので、毎日の歯みがきの時に使用する事をおススメします。

子供も歯周病になりますし歯みがきをする事で予防になりますので、毎日の歯ブラシは
丁寧に行ないましょう。

>>毎日の虫歯ケア「ブリアン」はこちらから

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ