子供の乳歯が虫歯になったら

子供の乳歯も大人と同じように虫歯になります。

子供はできにくいと思っていた為、子供が痛がった事で初めて慌てる親も多いのでは
ないでしょうか。

もし我が子の乳歯が虫歯になってしまった時の為に以下のことを頭に入れておくと
良いです。

乳歯の虫歯の特徴は?

1、乳歯は永久歯に比べて虫歯の進行が早い。

永久歯に比べて歯が柔らかく厚みも半分しかないため、虫歯になると進行も早いです。

2、広範囲に移りやすい。

一箇所にできると数箇所に広がってしまいます。

3、歯と歯の間にできやすいため、2つの歯をまたがって虫歯が大きくなる。

以上のような特徴があるため、虫歯かな?と思ったら直ぐに歯医者に行かないと
どんどん進行し、神経を抜かないといけなくなります。

ではどのようなところにできて、どのように見つければ良いのでしょうか?

見た目や場所を知っておくと歯みがきの時などに発見を早期にできるため、虫歯が
酷くなる前に対処する事ができます。

1、乳歯の虫歯は白い。

虫歯と言うと黒いと言うイメージではないでしょうか。

確かに永久歯の虫歯は黒いですが、乳歯は白い事が多いです。

黒いと発見もしやすいですが、白いとわかりづらく子供の虫歯が見つかりにくい
理由の1つになっています。

しかも黒い虫歯よりも白い虫歯の方が進行が早いので、要注意です。

2、歯と歯の間にできやすい。

特に歯みがきが難しい奥歯にできやすいので、歯みがきをした際に虫歯が
ないかのチェックをしてあげてください。

虫歯を発見するコツとして、フロスを入れた際にスムーズに糸が取れず
引っかかる時は要注意です。

その歯は虫歯になりかけています。

3、歯茎に歯ブラシが当たると嫌がる時は初期の虫歯の危険大。

乳歯は歯と歯茎の間に虫歯ができやすい為、そこに虫歯ができると歯みがきの際に
痛がる事があるのと、歯茎が帯状になっているので歯みがきの時は毎回しっかりと
チェックしましょう。

では実際になってしまったらどうしたら良いのでしょうか。

直ぐに歯医者に行ってください。

迷っている間にどんどん進行していきます。

初期の虫歯の場合は削らずにフッ素を塗るだけの対応で終る可能性が高く、
子供の負担が少ないです。

しかし進行し神経にまで到達すると神経を取ったり、酷いと乳歯自体を抜歯する
可能性もあります。

乳歯の神経は永久歯が生えてくる為に大事なもの。

だからなるべく抜きたくないので、神経に到達するまでに発見したいです。

乳歯が虫歯になる原因は様々ですが、永久歯よりも柔らかく一度なると進行が
早い事を知っておいてください。

そして虫歯の疑いがある場合は直ぐに歯医者に行きましょう。

>>虫歯になる前にブリアンで予防!公式サイトへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ