虫歯はうつるので注意して

え~と思うかもしれませんが、虫歯はうつります。

しかも結構簡単にうつってしまうので、子供が生まれてこれから子育てを始める
新米パパや、ママは気をつけないといけないです。

虫歯は甘いものを摂る事で、虫歯菌がこれを分解する時に出す酸が原因となりますが、
そもそもこの虫歯菌が口の中に沢山あるために、虫歯になりやすいかなりにくいかが
決まります。

生まれた当初は全くこの菌はないのですが、歯が生え始める頃から口の中に
増えてきます。

ですからこの虫歯菌になるべく感染しないのが良いのですが、厄介な事に
大人の唾液から直ぐに移ってしまうのです。

子供の虫歯がうつると言われているのはこのためで、人から人へと唾液を通して
移るのが虫歯菌なのです。

具体的にどのような事でうつるかと言うと、同じ箸やスプーンなどを使用したり、
硬いからと一度口の中で租借した物を出すと感染してしまいます。

今は育児書などで大人から子供に虫歯はうつると言う事がかかれているので、
気をつけている親も多くなりましたが、コップを同じにしてしまっている人は
少なくないのではないでしょうか。

また親は気をつけていても見落としがちなのが兄弟からの感染で、数歳上に
お兄ちゃんやお姉ちゃんがいると、その子たちからうつってしまうケースが
非常に多いです。

大好きすぎて弟や妹にキスをしている上のお子様、多いですよね。

自分のスプーンで食べさせてあげているお兄ちゃんやお姉ちゃんも多いです。

とっても可愛がってくれていてほほえましい光景ですし、親としても遊んでくれると
助かります。

でも子供が虫歯をうつされてしまい、今後大きくなった時に虫歯で悩む我が子を
見ないためにもここはツライですが、上のお子様に虫歯がうつるので同じお皿や
コップを使うのはダメだということを伝えていきましょう。

もちろん上のお子様だけでなく、おじいちゃんやおばあちゃんも要注意です。

祖父母の世代の時には口うつしであげるのは常識で、唾液から虫歯が
うつるなんて知られていなかったことですから理解できない人が多いので、
当然キスもしますし、同じスプーンで食べさせます。

そしてそれと同時に大人、そして上のお子様達の口の中の環境を綺麗に
保っておく事も大事になります。

虫歯菌が少なければ子供に虫歯をうつすことも避けることができるので、
なるべく大人も常日頃から歯のメンテナンスを行ない、虫歯のない口内環境に
しておきたいです。

子供の虫歯はうつるということを頭に入れて、なるべく虫歯菌を我が子に
いれないような環境で育てる事が予防につながります。

>>虫歯菌除去成分配合!ブリアンについてはこちらから

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ