子供の虫歯の治療費はかかるの?

毎日親も子供も頑張って歯みがきをしていたし、甘いものも極力避けて
チョコや飴は食べさせないようにしていたのに虫歯になってしまった・・・

このように悩んでいる親御さんは多いのではないでしょうか。

そして子供が虫歯になって直ぐに頭に思い浮かぶ事は、どれぐらいの治療費が
かかるのかどうかです。

大人で考えると、虫歯の治療費って保険内診療でも結構かかりますよね。

1回の治療費は数千円ですが、虫歯の治療は一度では終わらず何度も通う事に
なるため、歯の治療の為のトータルコストが結構いきます。

もし子供の治療にもそれぐらいかかるのであれば、結構な負担になるので
気になるのではないでしょうか。

まず子供も大人と一緒で、保険内診療か保険外診療かで違ってくるのと、どこの自治体に
住まいがあるのか、そしてお子様は何歳なのかで違ってきます。

大人は国民健康保険に入っていれば3割負担ですが、子供も同じでその負担分だけ
支払う事になります。

治療費は1000円ぐらいから4000円ぐらいと幅が広く、レントゲンを撮るとさらに金額が
高くなる可能性は高いです。

また保険内かそうでないかは歯医者によって違う為、治療をする前に確かめておくと
良いです。

最近は都内などでは中学生までの医療費の負担がゼロになっていて、歯の治療に
関してもこれに該当するため、場所によっては中学生まではお金がかからない
事も多いです。

子供の虫歯の治療費を出す事ができない家庭や、その費用を渋っている家庭にとって
これはありがたいですよね。

そして無料にする事によって、子供が虫歯のまま放置されている危険がなくなります。

ただ歯医者は自由診療も多いのとまだまだ小学生まで、もしくは幼稚園までの治療分しか
全額免除にならない地域もあるため、治療費がかかってしまう家庭も多いです。

自由診療は見た目や歯のかみ合わせの向上を目的としているので、保険診療ではなく
こちらを進めてくる医師もいます。

でももしその虫歯が乳歯だった場合は数年後には永久歯に生え変わるので、詰め物を
せずに、無料の範囲で治療をしていったらどうでしょうか。

子供の虫歯の治療費は場合によっては数千円かかる事があるので、気になる場合は
最初に確認しておきましょう。

現在自治体によっては無料、もしくは数百円でフッ素を塗ってくれるので、フッ素で予防をして
虫歯を作らないのが1番お金がかかりません。

フッ素は半年に1回で効果がありますので、通うのも大変ではないので金額面だけでなく
通うという負担も少ないのでおススメになります。

>>毎日の虫歯予防「ブリアン」公式サイトはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ