口臭の原因は虫歯?

我が子の口の中が臭う!

子供の口臭は大抵が親などの周りの大人や、幼稚園などの友達からの指摘により
わかります。

親が気づいた場合は良いのですが、お友達からの指摘の場合はいじめにもつながる
可能性があるので、その前に対処したいです。

ではどのような事が原因で口が臭くなるのでしょうか。

子供の口臭の原因はいくつかありますが、その中の1つに虫歯があります。

子供が虫歯になり、口臭が発生して初めて虫歯にも気づいたと言うケースもあるほど、
口臭と虫歯は密接なつながりがあります。

ではどうして子供の虫歯が原因で口臭が発生するのでしょうか。

まず虫歯は口内環境が不衛生なため細菌が発生した事によるもので、歯みがきを
きちんと行わなかったり、甘いものを常に口に入れている事が原因になります。

その結果虫歯になり、それを治療せずにずっと放っておくと歯の神経が死んでしまいます。

そして神経が死ぬと腐敗臭が起こり、口臭の原因となるのです。

ですから親が子供の口臭に気づき、歯医者に連れて行った時には虫歯はかなり進行を
している事が多いのです。

子供の虫歯を発見したら直ぐに歯医者に行って虫歯の治療です。

虫歯を治療したら口臭は消えますので、まずは虫歯を完治しましょう。

ただ神経に達するほど酷くなってしまうとかなり治療には時間がかかりますし、神経を
抜く治療になりますと痛みもかなりのものになります。

最悪の場合は抜歯をする事になりますので、そうなるとお子様の負担が大きくなるため
それは避けたいですよね。

そうならないための1番の対処法はやはり「歯みがき」です。

毎日の正しい歯みがきが大切で、歯磨き粉は使用してもしなくてもオッケーですが
より予防効果を高めたい場合はフッ素入りの歯磨き粉を使用する事をおススメします。

さらに小さい子供はまだ自分自身では奥まで綺麗にカスをとることができないため、
歯石が溜まってきてしまい、それが原因で虫歯になってしまいます。

子供だけでは磨き残しがあるので、小学校の低学年ぐらいまでは大人が仕上げ歯みがきを
してあげてください。

その時にフロスを使って歯と歯の隙間の汚れも取り除いてあげましょう。

歯の表面は綺麗になっていても隙間の磨き残しが多いために虫歯ができるケースが
多いので、注意したいです。

子供の虫歯が原因による口臭は気づかないうちに起こっていて、虫歯もかなり進行している
場合が多いです。

子供の口臭に気づいたら直ぐに歯医者に行く事と、虫歯を作らないために歯みがきを
きちんとする事が大切になります。

>>歯磨きの新習慣!虫歯予防のブリアンはこちらから

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ