電動歯ブラシのメリットと正しい使い方

大人で虫歯になった事がない人はいないでしょう。

ですから虫歯になった時の痛さを知っている人がほとんどですよね。

そんな痛みを我が子にはさせたくない・・・

虫歯をなるべく作らないようにする術の一つに丹念な歯みがきがありますが、
歯ブラシ嫌いな子供多いです。

ただでさえ自分のではない口の中を磨くのは難しいのに、逃げる子供、口を開けない
子供の歯を磨くのは大変なのではないでしょうか。

そこで最近話題になっているのが、子供にも電動歯ブラシを使って磨く方法です。

わざわざ子供にまで電動歯ブラシを?と思いますよね。

結構値が張るものなので贅沢過ぎるのでは?と・・・

でも電動歯ブラシは値段以上のメリットがいっぱいで、使い方をきちんと守れば
とっても効果的な歯ブラシになるのです。

まず子供に電動歯ブラシを使うメリットですが、3点あります。

1、しっかりと磨く事ができる。

手で磨くよりも断然電動の方が回転数も多いので、1本1本の歯を丁寧に磨く事が
できます。

2、歯みがきタイムを嫌がらなくなる。

親の悩みの1つに子供が歯みがきを嫌がる事です。

自分では持ちたがるのに、仕上げ歯みがきになると抵抗して口を開けない子が多いですが、
電動歯ブラシにすると不思議と静かになる子供が多く、1番のストレスがなくなりそれだけでも
購入する価値があります。

3、自分で磨けるようになり、仕上げ歯みがきが要らなくなる場合も。

基本仕上げ歯みがきをする事が前提ではありますが、少し大きくなると電動歯ブラシなら
上手に使いこなせるようになり、ある程度なら自分で歯みがきができるようになります。

今まで歯みがきでとられていた時間がなくなると、その時間を有効に使えます。

このようにメリットを見ると使ってみるが価値ありと思いませんか?

ただし使い方をきちんと守らないと意味がない、もしくは効果がマイナスになる危険も
あるので、気をつけましょう。

使い方の注意点として、乳歯が全て生え揃ってから使う事と、小さいうちは自分では
やらせず親がしてあげる事です。

と言うのも上手にできない子供が電動歯ブラシを使用すると、場合によっては歯茎を
傷つけることもあるからです。

せっかく歯を綺麗にして虫歯を作らない事が目的なのに、歯茎を傷めて歯医者に
通うようになっては本末転倒ですよね。

また電動歯ブラシの振動を嫌がったり怖がる子供もいますので、その場合は
無理をせずに嫌がらなくなってからまた再会してみてはどうでしょうか。

子供への電動歯ブラシ、使い方を守って上手に活用しましょう。

>>正しい歯磨きで虫歯予防「ブリアン」はこちらから

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ